So-net無料ブログ作成

ハナニラ [2月]

871 花韮-45.jpgハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum)
ネギ亜科ハナニラ属に属する多年草。
イフェイオン、ベツレヘムの星とも呼ばれる。
原産地はアルゼンチン。

球根性の植物で、秋に植え付けるとよく春に花を咲かせます。
葉や茎を切るとニラのような臭いがするのでハナニラとも呼ばれます。
一度植え付けると数年間は植えっぱなしでもよく増えて育ちます。

872.jpg

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%8B%E3%83%A9

http://www.yasashi.info/i_00001g.htm






フロイレミル [2月]

901 フロイレミル-60.jpgアイフェイオン・フロイレミルはユリ科の草花で北アメリカ原産だそうです。
イエイオンという花の種類の一つのようです。
星型のかわいい花が咲きます。
葉や茎を切るとニラのような臭いがします。
このため「花ニラ」とも呼ばれます。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%8B%E3%83%A9


2017年4月15日(土) 河内長野 花の文化
072t-22.jpg
ここでは、フロイレミルと名前がありました。





アセビ [2月]

854-40.jpgアセビ(馬酔木、学名: Pieris japonica subsp. japonica)は、ツツジ科アセビ属の常緑低木。
日本に自生し、観賞用に植栽もされる。別名あしび、あせぼ。
馬酔木の名は、「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」という所から付いた名前であるとされる。

基本種は白花ですが、園芸品種には赤花の「クリスマス・チア」やピンク花の「ダイセン(大山)」、オキナワアセビの交配種「スプリング・ベル」などがあります。
また、葉に白い縁取りの入るフクリンアセビ、小型種のヒメアセビなどが知られています。
属名のピエリスはギリシア神話に登場する9人の娘、ピエーリデスに由来します。

仲間 (種類(原種、園芸品種)
クリスマス・チア Pieris japonica ‘Christmas Cheer
紅色で美しい花。花つきがよく、庭植えのほか、鉢植えにも適する。

ヴァリエガタ Pieris japonica ‘Variegata
全体に小型で、葉の縁は白色の斑入り品種。
鉢植えに適する。

フォレスト・フレイム Pieris ‘Forest Flame
大型のヒマラヤアセビ(P. formosa)の交配種で、葉は大きい。
新葉は赤く、ピンク、黄、緑色と変化する。
生育はよいが樹形が乱れやすい。

リュウキュウアセ Pieris japonica ssp. koidzumiana
葉や花は、アセビ(P. japonica)よりも厚みと光沢がある。
早春に伸びる新芽は赤く、美しい。庭植えのほか鉢植えにも適する。
多少寒さに弱いが、関東地方以西では庭植えもできる。


リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%93


2017年4月9日(日) 葛城の道
079-17花.jpg

2017年4月6日 大谷町
035-17花.jpg

2017年4月5日(木) 甘樫丘
057-17.jpg