So-net無料ブログ作成

ヒマラヤユキノシタ [3月]

901-80.jpgヒマラヤユキノシタ(Bergenia stracheyi)はユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属の植物で、園芸用に栽培される。

ヒマラヤ山脈周辺(アフガニスタンから中国にかけて)の原産。
常緑多年草で、葉は長さ10-20cm、幅10cmほどのキャベツに似た形で、らせん状に茎につきロゼットをつくる。桃色の花が春に多数、集散花序をなして咲き美しい。耐寒性が高く育てやすい。

リンク
http://www.yasashi.info/hi_00002.htm


2017年4月14日 吉野 咲く咲く枝垂れちゃんガーデン
018-17.jpg




ムスカリ [3月]

ムスカリ(学名: Muscari)はツルボ亜科ムスカリ属の植物の総称。
狭義には、学名 Muscari neglectum をムスカリという。
名の由来はギリシャ語の moschos(ムスク)であり、麝香のことである。花は一見するとブドウの実のように見えることから、ブドウヒアシンスの別名を持つ。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AA


2017年4月5日(水) 飛鳥川 
033-17花.jpg

083-17花.jpg



クサフジ [3月]

901 クサフジ-70.jpgクサフジ(草藤、Vicia cracca)はソラマメ属に属する多年草。
北海道、本州、九州に分布する。

和名の由来は、葉と花がフジに似ていることから。
フジ に似るが、木の仲間ではなく カラスノエンドウなどの草類に属するのでクサフジ(草藤)と名が。
ヤマフジやフジとは異なり、上に向かって花穂が伸びる。
仲間には ヒロハクサフジ、ナヨクサフジ 、ノハラクサフジ 、オオバクサフジ がある


リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%95%E3%82%B8

http://www.plantsindex.com/plantsindex/html/group/gp_vicia_cracca.htm


2017年5月10日(水) 国分~雁多尾畑
029t-33.jpg


2017年3月31日 石川 河川敷
007t-21.jpg





ムラサキハナナ [3月]

ムラサキハナナ
オオアラセイトウ (大紫羅欄花、Orychophragmus violaceus) は、アブラナ科オオアラセイトウ属の越年草。別名にショカツサイ(諸葛菜:諸葛孔明が広めたとの伝説から)、ムラサキハナナ(紫花菜)。
このため Orychophragmus属はショカツサイ属、ムラサキハナナ属とも呼ばれる。
ハナダイコン(花大根)(カブ)とも呼ばれることがあるが、この名前は花の外観が類似した同科ハナダイコン属の Hesperis matronalis にも与えられているため混乱が見られる(ダイコンが野生化したハマダイコンとも別種)。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6

https://shiny-garden.com/post-11337/


2017年3月31日  石川河川敷
025-17花.jpg

027t-32花.jpg







ヒメオドリコソウ [3月]

901 姫踊り子草-40.jpgヒメオドリコソウ(姫踊り子草、学名Lamium purpureum)はヨーロッパ原産の越年草。
道端や庭などによく生えている。
また、北アメリカや東アジアにも帰化している。
日本では明治時代中期に帰化した外来種で、主に本州を中心に分布する。



リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%82%BD%E3%82%A6


2017年4月20日(木) 飛鳥
077-17花.jpg

028t-23花.jpg




ホトケノザ [3月]

901-60.jpgホトケノザ(仏の座、学名: Lamium amplexicaule)とは、
シソ科オドリコソウ属の一年草あるいは越年草である。
別名のサンガイグサ(三階草)は、茎が段々につくことから。

子供が花びらを抜き取り、それを吸って蜜を味わって遊ぶことがある。

春の七草の一つに「ほとけのざ」があるが、これは本種のことではなく、標準和名をコオニタビラコというキク科の草である。
ところが、このためにこの種を七草の「ほとけのざ」であると誤解されている場合がある。
本種は食用ではないため、注意を要する

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%8E%E3%82%B6


2017年4月6日 千塚古墳
092t-22.jpg

曾我川
068t-50.jpg






キンリュウカ [3月]

100.jpgキンリュウカ
学 名 Strophanthus divaricatus (Lour.) Hook. & Arn.
科 名 キョウチクトウ Apocynaceae
旧科名 キョウチクトウ APOCYNACEAE
葉は長楕円形、長さ3-10cm、両端は細まる。
喉部に赤色の状が入った、ひも状に伸びる黄色い裂片を持つ花を咲かせる。
果実は長さ15cmほどになり、木質化する。全株有毒。
強心配糖体のストロファンチンを含む。
自然分布 中国(西南部)・ベトナム・ラオス

101-60.jpg

リンク
http://www.tbg.kahaku.go.jp/recommend/illustrated/result.php?p=1&mode=easy&f=%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A6&order=ruby&name=%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AB


2017年4月5日(水) 飛鳥川 小房観音辺り
030-17花.jpg

スミレ [3月]

903 スミレ-50.jpgスミレ(菫)は、スミレ科スミレ属の植物の総称であるが、狭義には、Viola mandshurica という種の和名である。
種名としてのスミレ(Viola mandshurica)は、道ばたで春に花を咲かせる野草である。深い紫(菫色)の花を咲かせる。
地下茎は太くて短く、多数の葉を根出状に出す。
葉は根際から出て、少し長めの葉柄があって、少しやじり形っぽい先の丸い葉をつける。
都会ではコンクリートのひび割れ等からも顔を出す。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%AC


2017年4月18日(火) 宇田川
027t-25.jpg

同日 アニマルパーク周辺
055t-20.jpg


2014年5月28日(水) 二上山 雌岳登り道から東屋へへ行く小径沿い。
021-25h.jpg

022-25h.jpg

023-25h.jpg
野草先生が植えた。花は3~4月頃。ビオラ系のすみれとの事。





ハナズオウ [3月]

905-70.jpgハナズオウ(花蘇芳、Cercis chinensis)は中国原産のマメ科ジャケツイバラ亜科の落葉低木で、春に咲く花が美しいためよく栽培される。
高さは2-3mになり、葉はハート形でつやがあり、葉柄の両端は少し膨らむ。
早春に枝に花芽を多数つけ、3-4月頃葉に先立って開花する。
花には花柄がなく、枝から直接に花がついている。
花は紅色から赤紫(白花品種もある)で長さ1cmほどの蝶形花。
開花後、長さ数cmの豆果をつけ、秋から冬に黒褐色に熟す。
花蘇芳の名は、花弁の色がスオウ(蘇芳)で染めた色に似ているため。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%BA%E3%82%AA%E3%82%A6

http://yasashi.info/ha_00018g.htm







レンギョウ [3月]

904 レンギョウ-30.jpgレンギョウ(連翹)
広義にはモクセイ科レンギョウ属(学名:Forsythia)の総称(それらから品種改良で作られた園芸品種をも含める)。狭義には、レンギョウ属の種の一つ、学名 Forsythia suspensaの和名を指す。
一般には広義の意味で称されることが多い。
属名のForsythiaは、19世紀初頭にイギリスの王立植物園の監督官を務めた園芸家ウィリアム・フォーサイス(William A. Forsyth、1737年 - 1804年)に因む。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%82%A6


2017年4月14日(金) 吉野 咲く咲く枝垂れちゃんガーデン
019-17.jpg







河津桜 [3月]

901 河津桜-40.jpg河津桜
学名:Prunus lannesiana Wils. cv. Kawazu-zakura
カワヅザクラの原木は、伊豆急河津駅から天城山へ向かって1.2kmの地点、河津町田中の飯田氏宅の庭にあります。
2014年(平成26年)現在、樹齢約60年、樹高約10m、樹巾約10m、幹周約115cmです。
河津桜の原木を、河津町田中の飯田勝美氏(故人)が1955年(昭和30年)頃、偶然発見したさくらの苗を、現在地に植えたものです。
1966年(昭和41年)から開花が見られ、1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き続けました

河津桜原木.jpg

リンク
https://www.kawazu-onsen.com/sakura/routes.html
http://www.kawazuzakura.net/whatkawazuzakura.html

近隣にある川津桜 確認したもの。
馬見丘陵 南エリア 約100本
京阪淀駅 水路 約50本
橿原神宮 森林遊苑 約30本 河津桜かもしれない。
佐保川 大仏からJR踏み切り 約10本
飛鳥川 約20本 河津桜の立て札あり。


2017年3月3日(金) 馬見丘陵 河津桜と梅の花
038-17.jpg
http://satoyamasukun.jugem.jp/?eid=224

2017年2月22日(水) 淀の河津桜
004-17.jpg
http://naranosatoyama4.blog.so-net.ne.jp/2017-02-22

2016年3月21日 淀水路
005-17桜.jpg
http://satoyamasukun.jugem.jp/?eid=202