So-net無料ブログ作成

ヤブラン [9月]

ヤブラン(藪蘭、学名:Liriope muscari)
キジカクシ科ヤブラン属に属する多年草。別名リリオペ、サマームスカリ。東アジアに分布する[1]。

開花期は夏から秋。花は紫色の小さいもので、穂状に咲く。葉は細長く、先は垂れる。
園芸品種には葉に斑入りのものがあり、庭の木陰で栽培され、花期以外にも鑑賞される

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3


2016年9月28日 馬見丘陵
003-17h.jpg


2014年9月10日 甘樫丘 豊浦から登り道
075-17h.jpg

073-17.jpg


2014年9月6日(土) 林間田園都市から紀見峠に登る山道
036-17.jpg



ケイトウ [9月]

ケイトウ (鶏頭、学名:Celosia argentea)
ヒユ科の一年生植物。学名は燃焼という意味のギリシャ語に由来する。
ケイトウの花が燃え盛る炎を彷彿とさせるのが根拠と思われる。

夏から秋にかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができる。その形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がついた。花期は6月から9月頃。
花と葉はアフリカと東南アジアで食用とされている。日本でも食用植物として栽培されていた時期がある。朝鮮では穂粒を豚の餌にしている。根や茎は干した後にいぶしてネズミ除けに用いられる。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%A6


014-17.jpg




ヒガンバナ [9月]

ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata[1])は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。


リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A


2016年9月17日 葛城古道
044-17h.jpg

059-17h.jpg

2014年9月21日 飛鳥 稲渕
031-17.jpg

043-17.jpg

051-17.jpg

073-17.jpg

092-17.jpg




ノウゼンカズラ [9月]

ノウゼンカズラ(凌霄花[3][4][5][6][7]、Campsis grandiflora)
ノウゼンカズラ科の落葉性のつる性木本[8]。夏から秋にかけ橙色あるいは赤色の大きな美しい花をつけ、気根を出して樹木や壁などの他物に付着してつるを伸ばす。
中国原産で平安時代には日本に渡来していたと考えられる。夏の季語

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9


2016年9月17日 葛城古道
065-17h.jpg

026-17h.jpg




ホテイアオイ [9月]

ほてい葵

ホテイアオイ(布袋葵、学名:Eichhornia crassipes)は、単子葉植物ミズアオイ科に属する水草である。南アメリカ原産で、水面に浮かんで生育する。花が青く美しいので観賞用に栽培される。別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス。

リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%A4


2016年9月4日 本薬師寺
035t-30h.jpg

2014年9月10日 本薬師寺跡
025-17.jpg

034-17.jpg

031-17.jpg

012-17.jpg

018-17.jpg

016-17.jpg



ゲンノショウコ [9月]

901 ゲンノショウコ-60.jpgゲンノショウコ(現の証拠、学名: Geranium thunbergii)
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。日本全土の山野や道端に普通に見られる。
生薬のひとつであり、和名は「(胃腸に)実際に効く証拠」を意味する。玄草(げんそう)ともいう。
秋に種子を飛散させた後で果柄を立てた様が神輿のように見えることから、ミコシグサとも呼ばれる。
近い仲間にアメリカフウロ、老鶴草(中国語版)などがある。


リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B3


2016年9月25日 飛鳥 高松塚周辺
027t-26.jpg






ツリガネヒンジン [9月]

ツリガネニンジン
(釣鐘人参、学名: Adenophora triphylla var. japonica )はキキョウ科ツリガネニンジン属の多年草。


リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3


2016年9月25日 飛鳥 高松塚周辺
026t-34h.jpg




ハイビスカス [9月]

ハイビスカス
アオイ目アオイ科の下位分類たるフヨウ属 Hibiscus のこと。また、そこに含まれる植物の総称。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9


2015年9月23日 近鉄田原本線池辺駅付近
012-17.jpg




ナンバンギセル [9月]

ナンバンギセル(南蛮煙管、Aeginetia indica)
ハマウツボ科ナンバンギセル属の寄生植物。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%BB%E3%83%AB


2015年9月19日 石舞台公園 すずきの下
039t-33.jpg

036-17.jpg





ツユクサ [9月]

ツユクサ(露草、学名: Commelina communis)
ツユクサ科ツユクサ属の一年生植物。畑の隅や道端で見かけることの多い雑草である。

朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。英名の Dayflower も「その日のうちにしぼむ花」という意味を持つ。また「鴨跖草(つゆくさ、おうせきそう)」の字があてられることもある。ツユクサは古くは「つきくさ」と呼ばれており、上述した説以外に、この「つきくさ」が転じてツユクサになったという説もある。「つきくさ」は月草とも着草とも表され、元々は花弁の青い色が「着」きやすいことから「着き草」と呼ばれていたものと言われているが、『万葉集』などの和歌集では「月草」の表記が多い。この他、その特徴的な花の形から、蛍草(ほたるぐさ)や帽子花(ぼうしばな)、花の鮮やかな青色から青花(あおばな)などの別名がある。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%A6%E3%82%AF%E3%82%B5


2015ねん9月19  岡寺駐車場
029t-32.jpg



ヤブミョウガ [9月]

ヤブミョウガ(薮茗荷、学名 Pollia japonica)
ツユクサ科に分類される多年生草本植物である。

リンク
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%96%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%AC


2015年9月19日 甘樫の丘
012-17.jpg




コスモス [9月]

コスモス(英語: Cosmos、学名:Cosmos)は、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。


リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9


2015年10月18日(日) 新益京
102-17.jpg

105-17.jpg


2015年10月15日 山辺の道
043-17.jpg

042-17.jpg


2014年9月20日 馬見丘陵
017-17.jpg

025-17.jpg



オクラ [9月]

オクラ
オクラ(英語: okra、 秋葵、 学名: Abelmoschus esculentus)は、アオイ科トロロアオイ属[3]の植物、または食用とするその果実。

和名をアメリカネリと言い、ほかに陸蓮根(おかれんこん)の異名もある。沖縄県や鹿児島県、伊豆諸島など、この野菜が全国的に普及する昭和50年代以前から食べられていた地域では「ネリ」という日本語で呼ばれていた。今日では当該地域以外では「オクラ」という英語名称以外では通じないことが多い。


リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%A9


2014年9月20日 かつらぎの道横峯公園から竹取公園に入る手前。
097-17h.jpg

098-17h.jpg

099-17.jpg

畑にたくさん植えてあったので、何かの野菜かなあと思った。



ススキ [9月]

ススキ(芒、薄、Miscanthus sinensis)とは、イネ科ススキ属の植物。尾花ともいい、また茅(かや。「萱」とも書く)と呼ばれる有用植物の主要な一種。 野原に生息し、ごく普通に見られる多年生草本である。


リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%82%AD


2014年9月10日 橿原市 和田池
107-17.jpg




ムクゲ [9月]

ムクゲ(木槿、学名: Hibiscus syriacus)はアオイ科フヨウ属の落葉低木。別名ハチス[1]。大韓民国の国花である[2]。庭木として広く植栽されるほか、夏の茶花としても欠かせない花である。

和名は、中国名の木槿(もくきん)を音読みし、木槿(むくげ)、木槿花(もくきんか)と呼ばれるようになった。また、『類聚名義抄』には「木波知須(きはちす)」と記載されており、木波知須や、単に波知須(はちす)とも呼ばれる。『万葉集』では、秋の七草のひとつとして登場する朝貌(あさがお)がムクゲのことを指しているという説もあるが、定かではない。白の一重花に中心が赤い底紅種は、千宗旦が好んだことから、「宗丹木槿(そうたんむくげ)」とも呼ばれる。

中国語では「木槿/木槿」(ムーチン)、朝鮮語では「무궁화」(無窮花; ムグンファ)という。英語の慣用名称の rose of Sharon はヘブライ語で書かれた旧約聖書の雅歌にある「シャロンのばら」に相当する英語から取られている [3]。


リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%82%B2


2014年9月20日 馬見丘陵
073-17h.jpg

076-17h.jpg




ムクロジ [9月]

ムクロジ(無患子、Sapindus mukorossi)はムクロジ科の落葉高木。西日本(本州中南部から南西諸島)から、台湾、中国南部、ヒマラヤ、インド北部まで自生し、栽培もされる。


リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B8


2014年9月20日 馬見丘陵
061-17h.jpg

062-17h.jpg




フヨウ [9月]

フヨウ(芙蓉、Hibiscus mutabilis)はアオイ科フヨウ属の落葉低木。種小名 mutabilisは「変化しやすい」(英語のmutable)の意。「芙蓉」はハスの美称でもあることから、とくに区別する際には「木芙蓉」(もくふよう)とも呼ばれる。


リンク
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A8%E3%82%A6


2016年9月25日 飛鳥
024-17h.jpg

2014年9月20日 馬見丘陵
079-17h.jpg

080-17h.jpg